海外ドラマboard

あの少年が21歳に!『バッドサンタ』続編

かなり痩せた? - ビリー・ボブ・ソーントン

 演技派俳優ビリー・ボブ・ソーントンが、映画『バッドサンタ』の続編『バッド・サンタ 2 (原題) / Bad Santa 2』について、11月14日(現地時間)ニューヨークのAOL開催のイベントで語った。

 家賃を滞納し、酒に溺れる日々を繰り返すさえない中年男ウィリー(ビリー)は、21歳になったサーマンに今も付きまとわれていた。ある日、かつての相棒マーカス(トニー・コックス)からシカゴのチャリティー団体の金庫破りの依頼を受けるが、そのチャリティー団体にはすでにウィリーの実母サニー(キャシー・ベイツ)が潜入していたことを知る。映画『ミーン・ガールズ』のマーク・ウォーターズがメガホンを取った。

 再出演の経緯について「オリジナル作品から13年経つが、その間に製作会社ミラマックスが(フィルムヤード・ホールディングスに)売却されたものの、後に新たなミラマックスがワインスタインと提携して、再び過去の作品の続編製作を始めたことで撮影ができた。(前作に劣らぬ)続編にふさわしいストーリーにしなければいけなかったため、随分長い時間がかかった。でも、続編をすぐに手がけ、同じキャストで似たような内容をやるよりも、長い時間がかかったことで、オリジナル作品で少年サーマン役を演じたブレットが、現在は21歳に成長し、オリジナルと異なった作品としてみることもできる」と答えた。

 オリジナル作品を振り返ってみて「これほど人気になるとは思わなかった。たまにショッピングモールに行くと、小さな子供たちが僕を指差して、『バッドサンタだ!』って母親に言うことがある。そこで僕は、母親に『こんな小さな子供にあの映画を見せたのか? 一体どんな親だ?』と問いかけたこともあった。あの映画はサブジャンルのコメディーとして、ダークで、下品なユーモアを持ったサンタという、今までに類を見ないものとして評価されてきた」と答え、また、あの映画以降似たような作品が増えたとも語った。

 撮影中に(即興的な演技による)行き過ぎたジョークで、カットされたセリフなどあるのか、との質問に「信じられないかもしれないが、実はこのバッドサンタの世界にも一定のルールがある。オリジナル作品であらゆることをやったから、その続編も自分がやりたいようにできるわけではない。なぜなら『バッドサンタ』の映画内のトーンは特徴的で、そのトーンから外れないように撮影をしていたから」と答えた。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連ニュース】

(PR)119人に聞いた!家庭内でのアルコール消毒に関するアンケートとおすすめ商品|アソビフル

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/08/28 19:42

スティーブ&ダノ

5

「HAWAII FIVE-0」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 Netflix 映画 あの人は今 かわいい アメリカ きれい ゴシップ セクシー 継続 / 打ち切り AXN イケメン セレブ AXNミステリー ゲーム・オブ・スローンズ おすすめ 恋愛 かっこいい Hulu

Pick Upピックアップ