海外ドラマboard

ミレニアム・ファルコンは車のラジエーターで作った!『スター・ウォーズ』デザインスタッフが来日

来日したアラン・ロデリック・ジョーンズ

 『スター・ウォーズ』(1977)に登場した酒場カンティーナのデザインスタッフだったアラン・ロデリック・ジョーンズが3日、幕張メッセで開催中のポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2016」に来場し、会場に集まったファンからの質問に答えた。

 『スター・ウォーズ』のプロダクションデザイナー、ジョン・バリーの下でアシスタントを務めていたアランは、主人公ルーク・スカイウォーカーが、ハン・ソロ、チューバッカと出会う場所として印象深いカンティーナや、ミレニアム・ファルコンなどをスタッフとして手掛けた人物。満席となった会場に「スター・ウォーズのテーマ」と共にストームトルーパーやダースベイダーを従えて登場したアランは、「アリガトウ」と日本語であいさつして笑顔を見せた。

 昨年公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』について「あれは面白かった」と切り出したアランは、「最新作のチームも、最初の『スター・ウォーズ』のスタッフに近い気がして好きだったね。デザインに関しても、当時のシンプルさ、簡潔なルックを再現しているように感じたよ」と評価。「当時のミレニアム・ファルコンは車のラジエーターや、鉄くずをたくさん集めて作ったんだ」と懐かしそうに振り返った。

 『スター・ウォーズ』に参加したのは、プロダクションデザイナーのジョン・バリーから声を掛けられたことがきっかけだったという。「休みを取って野菜を作っていたんだけど、そんなときにジョンから美術をやらないかと誘われて作業が始まった。あれから40年たったけど、カンティーナのセットが最も『スター・ウォーズ』のアイコン的なものになったと言われたのはうれしかったね」。

 「セットはすごく懐かしい感じの世界観だったんだけど、突然そこに異星人たちが入ってきて。僕は異星人のことは聞いてなかったのでとても驚いたことを覚えている」と笑ってみせたアランは、「でもそれがジョージ・ルーカスのビジョンなんだなと思ってその世界観を楽しむことができた。あれから40年近くたったが、あらためてあれは僕の一部だったんだなと感じている。われわれはフォースと共に生き、死んでいく。だからフォースに身を委ねるんです。オビ=ワン・ケノービの正確なセリフは違ったかもしれませんが、まさにそういうことです」と締めくくった。(取材・文:壬生智裕)

「東京コミックコンベンション2016」は12月4日まで幕張メッセで開催

【関連ニュース】

(PR)【君のやり方で世界を救って!】ディズニープラス『秘密結社ベネディクト団』第1話&第2話レビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ジョアンナ

2021/10/08 18:23

新米刑事モース…

5

「主任警部モース」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix あの人は今 アメリカ イケメン かわいい ファッション おすすめ セレブ かっこいい きれい 女性 Hulu AXN イギリス ネタバレ セクシー Amazon

Pick Upピックアップ