海外ドラマboard

ジョージ・マイケルさんは真の天才だった…DCドラマクリエイターがしのぶ

パフォーマンス中のジョージ・マイケルさん - Kevin Winter / Getty Images

 テレビドラマ「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」などのDCドラマのクリエイターとして知られるグレッグ・バーランティが、「弁護士イーライのふしぎな日常」に出演してくれた故ジョージ・マイケルさんをしのぶコメントを出した。

 グレッグのテレビドラマ「弁護士イーライのふしぎな日常」は2008年から2シーズンにわたって放送され、「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」のジョニー・リー・ミラーが弁護士イーライ・ストーンを演じていた作品。脳腫瘍により幻覚や幻聴を経験するが、その一つが突然ジョージ・マイケルさんが歌いながら現れたりするもので、エピソードタイトルにも彼の曲名が多く用いられていた。

 ジョージさんは同ドラマに4度出演。その様は天才的だったとグレッグはTwitterで語っている。「人生において、真の天才というのを何度か目撃したことがある。その一つが『弁護士イーライのふしぎな日常』でジョージ・マイケルが楽曲『フィーリング・グッド』を歌う場面を撮影していた時だった」「彼は素晴らしい才能の持ち主で、幸運にも一緒に仕事をしたり、時間を過ごせた人にとっては、才能以上に心優しい人だった。安らかに眠ってほしい」とつぶやいている。(澤田理沙)

【関連ニュース】

(PR)【君のやり方で世界を救って!】ディズニープラス『秘密結社ベネディクト団』第1話&第2話レビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/11/22 01:38

続きが~!?

5

「LUCIFER / ルシファー」

シンちゃん

2021/11/13 14:53

新シリーズに期待

5

「ブラックリスト」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix アメリカ かわいい セレブ あの人は今 女性 イケメン かっこいい イギリス AXN きれい おすすめ 継続 / 打ち切り ゲーム・オブ・スローンズ セクシー ネタバレ アメコミ

Pick Upピックアップ