海外ドラマboard

「カウントダウン・ヒロシマ」日系人監督の手で映画化か?

キャリー・フクナガ監督 - Dominique Charriau / WireImage / Getty Images

 米テレビドラマ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」やNetflix配信の映画『ビースト・オブ・ノーネーション』を手掛けた日系アメリカ人監督キャリー・フクナガが、スティーヴン・ウォーカーの著書「カウントダウン・ヒロシマ」の映画化作品で、監督交渉に入ったとDeadlineほか複数メディアが報じている。

 本作は、ユニバーサル・ピクチャーズと映画制作会社ワーキング・タイトル・フィルムズがタッグを組んで製作する予定の作品。2005年に出版された「カウントダウン・ヒロシマ」は、映画『ヤング@ハート』でフィルムメイカーとしても活躍するスティーヴン・ウォーカーのノンフィクションで、ニューメキシコ州での原爆実験から広島の原爆投下までを記したもの。元BBCのドキュメンタリー監督だったウォーカーが、B29爆撃機の搭乗員、ロスアラモスの科学者、広島の被爆者などへの取材と膨大な資料を基に詳細につづっていた。

 脚本は、映画『ドライヴ』『ギリシャに消えた嘘』のホセイン・アミニが執筆し、この度新たに監督候補としてキャリー・フクナガに白羽の矢が立ったようだ。現在フクナガは、ジョナ・ヒルとエマ・ストーン共演のNetflixのファンタジードラマ「マニアック(原題) / Maniac」の撮影準備に入っている。もし、フクナガがメガホンを取ることになれば、期待できる作品になりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連ニュース】

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

今、あなたにおすすめ

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 あの人は今 アウトランダー 継続 / 打ち切り クリミナル・マインド FBI行動分析課 ARROW / アロー かわいい ゲーム・オブ・スローンズ アメリカ ゴシップ NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 セレブ ウォーキング・デッド イケメン AXN 俳優 ブラックリスト セクシー GOTHAM / ゴッサム

Pick Upピックアップ