海外ドラマboard

「BELIEVE/ビリーブ」10月27日(火)からAXNで放送開始〜!アカデミー賞監督の演出力に酔いしれる第1話。小さな見どころは鳩の落とし物〜。

ドラマ「BELIEVE/ビリーブ」のヒロインは、かわいらしい10歳の超能力少女。
お名前はボー。

ボーて!

覚えやすくて良いお名前だと思います。
もしもボーが、高木ブーさんちの養女になったら…。

そのお名前は「高木ボー」になってしまいますけども!

そんなことを考えながら、AXNで先行放送された第1話を鑑賞いたしました。

ボーは超能力者だから、他人の事情が丸分かり。
ちょっと先までお見通し!
これは便利。

朝起きて曇天だった場合、出かける時に悩まない。
傘を持って行くか行かないか即決!(←おそらく天気予報は出来ません)

ボーは、意識で物や動物まで動かせるみたいです。
もはや「プリティ・X-MEN」でした。

ボーはスペシャル・ガールだから、その特殊能力を求める組織に追われている様子。
第1話は、ボーが悪い連中から逃げ回るお話でした。
スリリングで楽しかったです。

ボーの逃走を手助けするのが、テートという男性。
テートは、ず〜っと刑務所に入っていた死刑囚なのですが…。

それが、目がキラキラした金髪のイケメンて!

まるで王子様!!

夢のあるキャスティングになっておりました。

ボーとテートが逃げ込んだ古い建物内。
そこで起きた出来事が、第1話のちょっとした名場面でした。

建物内の梁には、たくさんの鳩がいて羽を休めていたのですが。

その真下を歩いていたテートの肩に、鳩がフン投下!

そしてテートの肩にフン命中!!

それを見た僕は「ぎゃーーっ!」と思ったのですが、テートは何食わぬ顔。
「あらら、フンだな」程度の反応。

イケメンとは…。
イケメンとは、鳩のフンを浴びたくらいじゃビクともしないのでしょうか?!

実は僕も、道を歩いていて、鳩だかカラスだかのフンを肩に落とされたことがございます。
そのときの衝撃は忘れません。
結構、肩にズンとくる。

そして温かい!

同時に、精神的なダメージを食らいました。

「やられたよ鳥に…」みたいな。

その足で一番近い駅に寄り、トイレに入ってシャツを脱ぎ、水道水でフンを洗いましたよ、半泣きで!

鳥による、敗北感に包まれながら!!

だから、テートの堂々とした反応には恐れ入りました。

話を戻しますが。
テートのフン処理についてもビックリしました。(←まだフンの話を続けるんかい)

なんとテートは、肩に落ちたフンを素手で払ったのです。

フンって言っても、落ちてきたばかり。

まだ生フン!

手で払おうにも、払えるわけナーイ!!

案の定、そのフンは綿シャツの中へと、みるみるうちに吸い込まれていきました…。
僕には最悪の状態に見えたのですが、やはりテートは知らぬ顔。

その後、お水で手を洗うシーンも見当たりませんでした。

せめて濡れティッシュか…。
「赤ちゃんのお尻ふき」を手渡してやりたかったです!

しかし、ボーも超能力者ならば…。
まずは「フン投下」を予知し、「フン命中」を阻止をすればいいのいねぇ、念力で!
めんどくさかったのかな、あの子。

「BELIEVE/ビリーブ」について、その他の話題は。
やっとフン以外の話題ですよ!

製作陣がビッグネームなんですよね〜。

年末公開の、新「スター・ウォーズ」の監督J・J・エイブラムと、昨年「ゼロ・グラビティ」でアカデミー賞監督賞を受賞したアルフォンソ・キュアロンが手を組んで、「BELIEVE/ビリーブ」を製作しております。

つまり「BELIEVE/ビリーブ」って、海外ドラマの「ブランドもん」!

第1話は、なんとアルフォンソ・キュアロンご本人が監督しています。

アルフォンソ・キュアロンといえば、革新的な映像表現がお得意です。
第1話の冒頭は、ボーの一家が乗っている自動車の車内が舞台。

その自動車が事故に遭い、車体が激しく横転した後、逆さまになって止まるまで車内の映像が途切れない、という小技を見せてくれています。

その他のシーンでも、カットせずにカメラを長く回し続ける手法が、数多く見受けられました。
「長回し」とまではいきませんが、「割と長回し」だったと思います。

そして、役者さんたちの「顔面アップ」は控えめ。
画面に役者さんの全身が入っていて、空間を生かしているシーンが多かったです。
顔のアップがパカパカと切り替わるような、安易な編集ではありませんでした。

どれも、テレビドラマでは、あまり見ることのない映像。
臨場感がバッチリでした。
第1話では、アカデミー賞を受賞した監督による、映像の技術力が味わえました。

第2話以降、アルフォンソ・キュアロンは監督していないようです。
第1話は、10月27日(火)からAXNで放送開始。
第2話以降の仕上がりは、その翌週からの放送分で確認したいと思います。

アルフォンソ・キュアロンって、2001年の「天国の口、終りの楽園。」以来、僕も大好きなの監督さんなのですが。

実は名前が覚えづらい…。
10年以上もファンなのに、アルフォンソまではスッと言えるけど、すぐにキュアロンと続かない…。

その点、「ボー」はラクチンです〜。

【顔良し!性格良し!】U25 こんな息子に育ってほしい×イケメンランキングTOP10

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

2015/12/25 00:50

野村さんのコメント読んで、興味がわき見ました! ボー、可愛いくて、ちょっと生意気!これからどうなるのか、凄く興味がわきますね。 テートはボーの生活サポートするのでしょうか?生涯ずっと・・? え?って顔してましたよね! いつも面白いコメント、絵をありがとうございます!

0いいね

違反申告

野村 司

2015/12/25 00:50

コメントありがとうございます! ボーは、おしゃまさんですよね。子どもですが、ときどき大人っぽい表情をするし、賢そうだし、魅力のある子ですよね。 2話以降が楽しみです〜。

0いいね

違反申告


この記事の画像  2枚

Writer info

野村 司

海外ドラマが大好きなイラストレーターです。文を書いて、自作の似顔絵を添えています...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

あの人は今 海外ドラマ 映画 GOTHAM / ゴッサム Netflix 俳優 かわいい アメリカ ネタバレ ウォーキング・デッド セクシー セレブ シカゴ・ファイア アメコミ きれい プリズン・ブレイク かっこいい 継続 / 打ち切り イギリス Hulu

Pick Upピックアップ