海外ドラマboard

『カーズ3』が描くのはメンターであること&自分を信じること!

大クラッシュ… - 映画『カーズ/クロスロード』より - (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオおよびピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターが来日して今後公開するアニメーション作品のプレゼンテーションを行い、シリーズ第3弾『カーズ/クロスロード』について語った。

 美術教師の母、カーディーラーの父を持つラセターにとって、真っ赤なレーシングカーのライトニング・マックィーン(声:オーウェン・ウィルソン)を主人公にした『カーズ』シリーズはとてもパーソナルな作品。「第1弾が公開された2006年からはテクノロジーも格段に進化し、車の表現もリアルになった。エモーショナルでハートウォーミングなスポーツ映画になっている」と自信を見せる。

 かつてのルーキーだったマックィーンも次世代の車たちの台頭で過去の車となり、「引退」の二文字もちらつくように。本作でマックィーンのライバルとなるのが、次世代のルーキー、ジャクソン・ストーム(声:アーミー・ハマー)で、彼は実際に外を走ったりせず、シュミレーターのみで訓練をしてきた若者。ハイテクな訓練のおかげで走行ラインをつかむのが抜群にうまく、レース中にストームを抜けないと焦ったマックィーンは大クラッシュしてしまう……。

 ラセターは「マックィーンはクルーズ・ラミレス(声:クリステラ・アロンソ)というレーサーでトレーナーの若い女性と出会って、ストームがしてきたようなハイテクなトレーニングをするのだが、何か欠けているものがあると感じてかつての田舎町へ戻るんだ。そこでドック・ハドソン(※ポール・ニューマンさんが声優を務めた、マックィーンの成長には欠かせなかったキャラクター)との関係、彼のアドバイスを思い出すことになる」と説明。「本作はメンターを持つこと、自分がメンターになること、そして自分を信じることについての物語なんだ」と力を込めた。

 次の2~3年でディズニーは『アナと雪の女王』の短編『オラフズ・フローズン・アドベンチャー(原題) / Olaf's Frozen Adventure』、続編『アナと雪の女王2』、『シュガー・ラッシュ』続編、「ジャックと豆の木」を題材にした『ジャイガンティック(原題) / Gigantic』、ピクサーは『カーズ/クロスロード』に加え、メキシコの「死者の日」をテーマにした『ココ(原題) / Coco』、『Mr.インクレディブル』続編、『トイ・ストーリー4』の公開を予定している。(編集部・市川遥)

映画『カーズ/クロスロード』は7月15日より全国公開

【関連ニュース】

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

今、あなたにおすすめ

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ 映画 ウォーキング・デッド 継続 / 打ち切り あの人は今 GOTHAM / ゴッサム 俳優 アウトランダー かわいい セクシー セレブ SHERLOCK パーソン・オブ・インタレスト きれい 女性 アンドリュー・リンカーン エミリア・クラーク ファッション Netflix

Pick Upピックアップ