海外ドラマboard

自称:不快で無礼なゲス野郎【シャーロックの感動スピーチから学ぶ:英語ネガティブ表現】

こんにちは!

川合亮平です。

『シャーロック』をもっと楽しむための、学校では教えてくれない英語講座 。

今回取り上げるエピソードは、シーズン3第2話「三の兆候」。

このシーンで泣かされた人も多かったのでは?
こっそりあなただけに伝えますけど、ぼくも実は泣いたんですけどね(このシーン見る度涙ぐむんですけどね)、

シャーロックの結婚スピーチのシーン。

なんか、あれよあれよという間に感動させられる、
マジックのようなスピーチだなぁと思うんですよね、ここ。

言葉のポジティブな魔力を感じるわ。

自分に対してそこまで言うか!

このスピーチがなぜ感動的かと分析すると、
その肝は、シャーロックが自分の事をこれでもかという位蔑んで、
そこからジョンを褒め称える、という、この”落差”にあると思うんですよね。

そして、シャーロックの自分に対する蔑み具合がとにかく強烈!なわけです。

ありとあらゆる悪口を駆使して、自分を口撃してます。
(それが全部あながち大袈裟にも感じないところが、おもしろくもあるんですけどね)

このセリフを解説すれば、英語の悪口は十分学べると思いますので、
今回は、それらを解説してみます〜。

JIMMY KIMMEL LIVE - 'Jimmy Kimmel Live' airs every weeknight at 11:35 p.m. EST and features a diverse lineup of guests that include celebrities, athletes, musical acts, comedians and human interest subjects, along with comedy bits and a house band. The guests for Thursday, October 20 included Benedict Cumberbatch ('Doctor Strange'), Isla Fisher ('Keeping Up with the Joneses') and musical guest Flatbush Zombies. (Photo by Randy Holmes/ABC via Getty Images)BENEDICT CUMBERBATCH

さて、問題の、そこまで言うかの悪口部分はコチラ:

I am the most unpleasant, rude, ignorant,(僕は誰よりも不快で、無礼で、無知で)

And all-round obnoxious arsehole(誰にとっても、めちゃくちゃ嫌な奴で)

That anyone could possibly have the misfortune to meet.(僕のような奴につかまる人は本当に不幸だと思います)

I am dismissive of the virtuous, unaware of the beautiful,(僕は非常識で、美意識が欠落している)

And uncomprehending in the face of the happy.(そして、幸せを前にしてもそれを理解することができない。)



この後に、ジョンへの賛辞が続くわけですね、ナイアガラの滝のような落差で泣きたい人は本編チェックしてみて〜。

それにしても、以上の言葉、全部覚えたら、英語悪口はバッチリだわ。

まあ、誰に使うでもないけど、一般教養としてね。

英語解説!

じゃあ、簡単に解説していきます〜。
準備はいいかい?

●unpleasant:pleasantが心地いい、という意味なので、unがついているこの語はその反対ですね。性格だけじゃなくて、状況とか環境にも使えます。

●rude:無礼・失礼という意味ですね。本人がわざとでもそうでなくても、rudeになり得ます。

●ignorant:無知な・無教養な、という手厳しい単語ですね。全般的に何も知らないという意味でも、ある特定の分野を何も知らないという意味でも両方使えます。

●obnoxious arsehole:続けて使っていますが、それぞれ単体でも使える悪口!obnoxiousは上記unpleasantの同義語です。なんかいや〜な感じ、という意味。arseholeは、罵り語ですね。「この野郎」的な。アメリカ英語では、assholeとなり綴りがちょっと違います。Arseは基本はお尻という意味、英arse、米ass、と綴ります。holeをつけなくても、He's an arse.(彼はいけすかない)みたいに、arseだけでも使えます。
使ってみて〜(って、できればあまり使いたくないけど)。

●dismissive of the virtuous:"dismissive of "は何かが欠けているという意味、virtuousは常識的な人、つまり、二つ合わせれば、常識が欠けている人、ということですね。

●unaware of the beautiful:"unaware of"は、〜に対して気付かない(知らない)、the beautifulは美しい事・モノ・人など、だから、美しさの価値が分からない、というような訳ですね。

そして(ようやく)最後、

●uncomprehending in the face of the happy:uncomprehendingは、何かをうまく理解できない、というような意味、in the face of は、〜の状況で、という感じで、happyは、幸せですよね。つまり、幸せというものが理解できない、みたいな意味になりますね。

LONDON, ENGLAND - DECEMBER 19: Benedict Cumberbatch attends a screening of the Sherlock 2016 Christmas Special at Ham Yard Hotel on December 19, 2016 in London, England. (Photo by Jeff Spicer/Getty Images)

それにしても、よくもこれだけ自分自身を客観的に冷徹に分析してくっきりはっきり悪口の言語化できるもんですね、

さすがシャーロックだわ。

しかし、このスピーチの手法、

自分をガーン!と落として、相手をバーンッ!と上げる手法、

良いですね。
感動必至の流れだね。

こんど使ってみようかしら。


さてさて、いかがでしたでしょうか?

日常良く使うイギリス英語表現を学ぶには、『シャーロック』はうってつけの素材。

ではでは、また別の『シャーロック』名シーンであなたのご機嫌を伺います。

川合亮平でした!

AXNミステリーのお知らせ

「SHERLOCK シャーロック」 AXNミステリー S1-3放送 S4配信
「SHERLOCK シャーロック」シーズン4が、いよいよ7月10日(月)深夜0時より、AXNミステリーオンデマンドに登場!(各話14日間の期間限定配信)
SHERLOCK シャーロック(シーズン1~3・全9話)
二カ国語版: シーズン1&2  7月8日(土)4:00pm
シーズン3  7月9日(日)4:00pm

SHERLOCK シャーロック | AXNミステリー

川合の関連記事

酔っぱらいのシャーロックとジョンに学ぶイギリス英語 | 海外ドラマboard

シャーロックが教えてくれる『学校で習わなかった“So”の使い方』 | 海外ドラマboard

『シャーロック』放送禁止ギリギリの映像遊び3選 | 海外ドラマboard

関連リンク

バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究 | Jay., スティーヴン・モファット, マーク・ゲイティス |本 | 通販 | Amazon

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

ゼノ

2017/06/15 01:45

シャーロック好きすぎる

1いいね

違反申告


今、あなたにおすすめ

この記事の画像  3枚

Writer info

川合亮平

イギリス英語 通訳・翻訳者。 関西の人気テレビ番組で紹介され、累計1万部突破の...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

あの人は今 海外ドラマ THIS IS US 36歳、これから かわいい リバーデイル ARROW / アロー 継続 / 打ち切り アメリカ 俳優 ゴシップ 映画 セクシー Netflix ゲーム・オブ・スローンズ セレブ きれい Hulu アウトランダー プリズン・ブレイク BONES

Pick Upピックアップ