海外ドラマboard

『アウトランダー』サム・ヒューアン インタビュー【後編】

こんにちは、川合亮平です。

スコットランドの大自然を舞台にした、大注目のドラマ『アウトランダー

主演のサム・ヒューアン インタビュー後編です。

前編をまだチェックされてないあなたはコチラ!↓
『鍛え上げられた肉体美の秘密とは?『アウトランダー』サム・ヒューアン インタビュー【前編】』

サムが演じるジェイミーは、18世紀のスコットランド、ハイランド地方に住む戦士。
実は、サム自身もスコットランド出身なんです。

実際にインタビューしてみると、僕の予想と違い、
意外にスコテッシュ・アクセントが強くありませんでした。

まあ、その分英語が分かりやすかったからよかったんですが、
長年ロンドンで俳優としてのキャリアを積む内に、
メディア用のマイルドなアクセントを身につけたのかな、と想像します。

多分、地元に帰って家族や友達と話すと、地のアクセントが出るはず。
それを是非聞いてみたいな〜。
僕も地元大阪に帰って友達と話す時は、多分東京の人が聞いても理解出来ない大阪弁で話しますから。

穏やかな話し振りとマイルドなアクセントが超好印象のサム、
今回初めて実物を見た時の感想は、

「お・大っきぃ!!!!」

まさに役柄通りの“屈強なハイランダー”そのもの!
でした。

では、そんな見た目はごっついけど、話しだすと超マイルドで柔和な、
”サム・ヒューアンのインタビュー後編”を、バイリンガル・ヴァージョンで御楽しみください。

■Sam Heughan “Outlander” Special Interview in Tokyo Part 2
『アウトランダー』サム・ヒューアン スペシャルインタビューin東京 その2

Q: If you are suddenly forced to go back to 18th century your self, what do you think you would miss the most from the present?
もしあなた自身が18世紀に行く事になったとして、現代の生活の中で一番欲しくなるものはなんでしょうか?

Sam: Ahh… probably this hotel… I think comfort, you know, we have a glimpse into this life. As actors we pretend that we can do it and live like these people but it’s very very tough.
えっと・・・、多分・・・、このホテルかな(インタビューは高級ホテル1室で行われました)。それと、“快適さ”だね。18世紀当時の生活の一旦をこのドラマでも覗ける訳だけど、役者としてはさも当たり前のように、、彼らの生活を、当時の人々と同じように演じている。だけど、当時の生活は僕たちが想像がつかないくらい厳しかったはずだ。

They were very hardy people and you can see why they didn’t live to an old age. It was a very dangerous time. It was maybe more simplistic time not that the people were simple but you lived and died by your actions and by your words.
当時の人は、今の人よりずっとたくましかったはず。あまり長生きできなかった理由も分かるよ。だって、生活には危険が溢れていたからね。一方、今よりもっとシンプルだったんじゃないかな。人がシンプル(単純)という意味ではなく、“生き方”がね。つまり、自分の行いや言葉が、生きることと死ぬことにストレート反映されるという意味で。

Certainly we keep encountering this in season 1 and 2 about… you giving someone your word and your honor. And it seems to be something that we don’t have now.
そういう場面はドラマのシーズン1と2でも常に出てくるよね。言葉を使って誓いを立てたり。そういうことは現代にはないんじゃないかな。

That’s been lost maybe. Maybe that’s through the rise of media, I don’t know, or social media. But I certainly know that Jamie is not interested in social media.
多分、時代の流れとともに失われたんだろうね。メディアの登場が関係してるのかな、分からないけど、あと、ソーシャルメディアとか。確かな事は、ジェイミーは、ソーシャル・メディアには興味がないってことだね。

(おわり)

 

■サムが使った使える英語表現

comfort:快適

pretend:フリをする

hardy:屈強な

encountering:出会う

honor:敬意

the rise of〜:〜の台頭

 

 

 

【名作ドラマをHBO®がリメイク】『ペリー・メイスン』を観る前に知ってほしい3つの魅力&キャスト情報

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

talisman

2017/06/24 15:04

いくつになっても英語勉強中の私には毎度大変役に立って楽しい内容です。楽しく勉強できるって大切ですよね! 大好きなジェイミー役のサムが話しているので何度読んでも飽きません。引き続きシーズン3開始時にも新しいインタビューをお願いします。

0いいね

違反申告


この記事の画像  3枚

Writer info

川合亮平

通訳者・翻訳者。 東京在住 関西の人気テレビ番組で紹介され、累計1万部突破の...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/11/22 01:38

続きが~!?

5

「LUCIFER / ルシファー」

シンちゃん

2021/11/13 14:53

新シリーズに期待

5

「ブラックリスト」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix アメリカ かわいい セレブ あの人は今 女性 イケメン かっこいい イギリス AXN きれい おすすめ 継続 / 打ち切り ゲーム・オブ・スローンズ セクシー ネタバレ アメコミ

Pick Upピックアップ