海外ドラマboard

セサミストリートの可愛いマペットがゲースロを再現? 本気すぎるドラマパロディ動画集

ゲーム・オブ・スローンズ→ゲーム・オブ・チェアーズ

まず最初にご紹介したい動画のパロディ元はなんと「ゲーム・オブ・スローンズ」! かなりアダルトな内容のドラマですが、セサミストリートを見てる子供たちは元ネタ分かるんでしょうか? 分かっていいのか?
パロディドラマのタイトルは「ゲーム・オブ・チェアーズ」! そう、throne(王座)がchair(椅子)になっただけ、つまりは「椅子取りゲーム」です。

Sesame Street: Game of Chairs (Game of Thrones Parody)

まずオープニングの時点ですごくないですか!? ミニチュア都市がにょきにょき生えてくるオープニングが忠実に再現されています。
あらすじ:ジェスタロス大陸には新しい王か女王が必要だとして、ネッドが椅子取りゲームを開催します。候補者はサーセイ、ジョフリー、デナーリス、ロブ。3つの椅子を巡って4人が争い、1人敗退するごとに椅子を1つ減らし、最後の1人が王になるというルールです。
動画には、ゲースロファンなら思わずニヤリとしてしまう小ネタがちりばめられています。
・ゲームの進行役として音楽を鳴らすグローバー、この動画では「グローバー・ブルージョイ」と名字が付いています。ゲースロの名家の1つ「グレイジョイ(灰色+ジョイ)」にならって、体の色から「ブルー+ジョイ」としているんですね。
・用意されている椅子にも注目です。ゲースロの「鉄の玉座」は無数の剣を溶かし固めたものですが、3つ用意された椅子はそれぞれ卓球のラケットと野球のバット、ゴルフのクラブを集めて固めたもの! ジェスタロスはウェスタロスと違って平和な世界のようです。
・途中でロブが「さっさとゲームを進めてほしい」と言うのですが、その理由は「これから結婚式があるから」。ロブ、その結婚式行ったらあかん!
・ジョフリーが敗退したとき、グローバーが「It looks like you choked(君は大事な場面でしくじったんだよ)」と声をかけています。ただ、chokeには他に「窒息する」という意味もあるのです。
・椅子取りゲームを進めた結果、最終的に意外な人物が王になってしまいます。呆然とするネッドにグローバーがかけた言葉は、「Don't lose your head over this」。lose one's headは「気が動転する」という意味のイディオムですが、文字通りの意味は「頭・首を失う」です。
誰がジェスタロスの王に決まったのか、ぜひ動画で確認してみてください。

次のページ : 「HOMELAND」のキャリーが羊に? でも髪の毛はやっぱりサラッサラ!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

今、あなたにおすすめ

この記事の画像  1枚

Writer info

かえる

ゲーム翻訳者、字幕翻訳スクール通学中、漫画がだいすき うさぎ党

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 継続 / 打ち切り かわいい Netflix ゴシップ 映画 ゲーム・オブ・スローンズ 俳優 アウトランダー ウォーキング・デッド アメリカ ネタバレ Hulu ARROW / アロー HAWAII FIVE-0 セクシー クリミナル・マインド FBI行動分析課 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 セレブ

Pick Upピックアップ