「アベンジャーズ」「アイアンマン」等を生み出してきたマーベル・スタジオの最新作「ドクター・ストレンジ」が遂に公開!

ベネディクト・カンバ―バッチ演じる魔術の力で蘇ったドクター・ストレンジの宿敵カエシリウス役のマッツ・ミケルセンが来日し、六本木の映画館で舞台挨拶に登壇しました。

『ドクター・ストレンジ』

©2017Marvel. 全国公開中

1月27日の六本木の映画館には試写会の当選者、そしてマッツを一目見ようと来た方など、多くの女性が・・・!

日頃からおやじ趣味、マッツ好きを公言していたこともあり、今回急遽、舞台挨拶を取材できることに!
ありがたや~♪

マッツ様が姿を現すと、「きゃ~!」「まっつぅ~♥」という黄色い歓声が。

「コンニチハ トウキョウ!」と日本語で挨拶したマッツ様。

「41年前、まだ10歳の時、僕の人生はマーベル・コミックを読むことと、いかにしてブルース・リーになるかでいっぱいでした。今回、監督から電話で「マーベル映画で“フライング・カンフー”をやらないか?」と言われて、子供の頃からの夢が叶ったと思いました」 と本作への熱い思いを語りました。


今回の来日では、屋形船に乗ったり、お寺で住職さんやゲームクリエイターの小島秀夫さんにも会ったり、そして美味しい食事をして満喫しているようです。

「仕事ももちろんしていますよ、1時間くらいわね!」とおちゃめな回答。

次のページ : キュートな回答が続々。マッツのQ&A!

この記事の画像 11枚

Comment
みんなのコメント

ログインして記事にコメントを残しませんか?    

Writer info
白熊

海外エンタメ好きが高じて、記事を書かせて頂いております。宜しくお願い致します。

Recommend
関連記事

You may also like
あなたへのおすすめ

Keyword
この記事に関連するキーワード



Community
海外ドラマ 番組コミュニティ

MORE

Facebook・Twitterもチェック!

Pick Up
ピックアップ