海外ドラマboard

業界人が語る海外ドラマの世界

海外ドラマの全てを知り尽くしている人、それは…業界人たち!“海外ドラマ”を仕事にしたきっかけや、今だから言えるウラ話などなど、ここでしか聞けない業界人ならではのお話を聞いちゃいます!

インタビュー

スターチャンネル 新井晴美さん

90年代、ビバヒルとツイン・ピークスに“ど”ハマる。インテリアブランドのイデーに新卒入社。その後J-WAVEのPR、WEBメディアの編集などを経てイデーに復帰、宣伝販促室長。2017年(株)スター・チャンネル入社、2019年(株)東北新社出向。Amazon Prime Videoチャンネル上の配信サービス「スターチャンネルEX」に2018年の立ち上げから参加、現在は「スターチャンネルEX」サービス全般、編成・作品調達の企画運営、プロモーションを担当するチームを率いる。

スターチャンネル 新井さん
  • 人生で一番ハマった海外ドラマは?

  • ツイン・ピークス
    高校時代、毎週レンタルビデオを借りて映画やドラマを観ていました。中でも『ツイン・ピークス』がお気に入りで、駅前のミスドに行っては自分がツイン・ピークスの登場人物という妄想に耽っていました。
    保守的な地方都市出身のせいか、鄙びた町の、世界から忘れられたような人達の物語に惹かれ、近年だと『ビカミング・ア・ゴッド』や『ファーゴ』シリーズが大好きです。

  • 今だから言える業界(作品のことなど)のウラ話は?

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』の世界同時配信を行った際、実は、配信素材が3日前に届くという超異例のオペレーションでした。いざという時のお詫び体制も敷き、関係者は毎週毎週、寿命が縮まる思いでした…

仕事写真2_GOTファイナルナイト_スタッフ集合写真 仕事写真1_GOTファイナルナイト_スターチャンネルのスタッフのコスプレによる「ナイトキング」
  • 会ったことのある俳優や、そのエピソードは?

  • 2017年の『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章』の上映イベントで招聘したブラン役のアイザック・ヘンプステッド・ライトが印象的です。ご両親と来て猫カフェに行くなど、まだあどけなかったのに、インタビューの受け答えはとても大人びていて深く、そのギャップに痺れました。

『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章』 ブラン役のアイザック・ヘンプステッド・ライト 『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章』 ブラン役のアイザック・ヘンプステッド・ライト
  • 今最も注目してる作品や俳優は?

  • ベン・ウィショーです。スターチャンネルEXでも今月から『FARGO/ファーゴ4』をはじめ、『英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件』や『ホロウ・クラウン』を配信します。それと『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』のジュード・ロウには再注目しています。イケメン俳優として以上に怪優として期待しています。

スターチャンネルEXにて独占配信!

「FARGO/ファーゴ4」

「FARGO/ファーゴ4」
スターチャンネルEXで21年1月29日より独占配信します。他の配信ではしばらく観られません。個人的にはS2の先行視聴をお薦めします!

詳しくはこちら

「僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE 」

「僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE 」
スターチャンネルEXで21年2月より独占配信します。『君の名前で僕を呼んで』ルカ・グァダニーノ監督初のTVシリーズ。ヒリヒリする青春ドラマです。

詳しくはこちら

他の業界人を見る

Pick Upピックアップ